産婦人科の求人の現状

産婦人科の求人の現状

いわゆる少子化の影響で、妊娠・出産を扱う産婦人科や、これに続く乳幼児期の子供を扱う小児科の志望者が少なくなっている問題がある。また、特に産科領域では、一般的に子供は正常に生まれて当たり前との認識があると思われ、何か異常が起こると医療訴訟となる可能性も高いといわれており、産婦人科医になる医師は減少傾向にある。また、そのような事故に対するマスコミによる、患者側への医学的根拠の医師からみて比較的乏しいとみられている過剰な擁護が医師を疲弊させている。


そのため、産婦人科や小児科を扱う医療機関が減少し、それに伴い求人も減少傾向にある。さらに残った医療機関への負担が増加し、妊娠・出産への対応や子供の急病などへの対応が困難になっている。陣痛が来て初めて病院に行き子供を生んだ後病院を抜けて行方不明になり費用を払わない妊婦なども増加しており、さらに産婦人科の減少と少子化に拍車をかけている。これらの問題から、国による産婦人科医や小児科医の保護や産婦人科医や小児科医を増やすことが早急に求められているがまだまだ不十分であるのが現状である。


そのため、産婦人科医や小児科医の求人はは少なからずあるが、これらになりたがる医師があまりにも少ないため、残った産婦人科医や小児科医に大きな負担がかかっており、他の医師に比べて、医療訴訟のリスクも大きく、過度なストレスにより、産婦人科医をやめてしまう医師も多い。これらの問題については、少子化に関する諸問題の一つとして、マスメディアなどで頻繁に取り上げられているが、厚生労働省は産婦人科の求人も含めて有効な対策を打てていないのが現状である。

新着情報

おすすめサイト

関連情報